あの日はプルプルした

どもども〜

コリコリくんだよ〜

 

5年前にブログにやりたい事リスト書いて、実行したら人生の分岐点に立っちゃったコリコリくんの話。

 

やりたい事は本当に可愛くて、

#サーフィンやりたい

#英語覚えたい

#宝くじ買いたい

#付き合いたい

#どうにかなりたい

 

 

 

 

 

2011年3月某日

毎週月曜、週1で部活が休みだったので、

早速やりたいことの一つ、授業後宝クジ売り場へ向かいました。

 

地元では一番大きな売り場で、20代の人は少なく、おじいちゃんおばあちゃんが大半でガヤガヤしている。

 

こちらが1等当選◯◯本出てる売り場ですよ〜!

こちらに2列になってお並びください〜!!

 

 わぁー、誘導されたくねぇーwwww

そもそもあそこに並んだところで、何て言えばいいんだ!!!初めてだから分からん!!

オドオドしてると後ろの人に嫌な顔されるんじゃないか!

 

 

とりあえずここを離れろ!!!!

 

 

コリコリくんはビビリです。プルプルします。

ちなみに部活ではイップス係でした。

どんどんどんどん自信がなくなっていく感じ、コリコリくんの敵はコリコリくんでした。

 

 

 

あそこが空いてるぅ〜

一旦あそこで心を落ち着かせよう。

 

コリコリくんが向かったのは、ロトの記入机でした。

目の前にやり方が書いてあるし、その通りにやればなんら問題ねぇなと、ロト6の数字を書き込む。

 

 

 

とりあえず自分の好きな数字を選んだ。

うーーーん。あと何番書けばいいかわからん。

1から43の数字を6つ。5セットもあるからね。

なんだかワクワクするなぁ〜

楽しいなぁ〜

 

 

よし、みんなに聞いてみよ〜

って同期に電話して、残りの4セットは各自好きな番号を聞いた。

 

 

あのね。みんな同じなんだよ。考えがwwww

みんな同期の背番号言うから!

結局変わらんじゃんか!wwwwwww

 

 

 

ま、いっか。

売り場の人に紙を渡して本券に変えてもらう。

 

幸運が訪れますように。そう言って渡された券を、寮の勉強机の引き出しにしまって当選日を待った。、